太陽光発電とは!?

話題の太陽光発電!その仕組みは?

近年話題の太陽光発電。二酸化炭素を排出しないため温暖化防止にも繋がり、地球に優しい安全でクリーンなエネルギーとして普及が進んでいます。大規模なものだけでなく個人でも、ソーラーパネルを屋根に設置するなど、導入する家庭も次第に増えているようです。そもそも太陽光発電ではどのようなものなのでしょうか。
太陽の光エネルギーを直接電力に変換する装置である、太陽電池。ソーラーパネルとは、その太陽電池を沢山つなげたものです。ソーラーパネルは太陽光を受けて発電するため、基本的には日光を遮るもののない広大な土地に建設されます。それを小規模なものにして各家庭の屋根に取り付けることで、太陽光発電が私たちにより身近なものになっているんですね。

家庭で太陽光発電をするメリット&デメリット

家庭でソーラーパネルを設置して太陽光発電を行うメリットとして、発電して余った電気を高く買い取ってもらえることが挙げられます。一般的に発電した電気はまず自宅で利用する電気に当てられ、余剰分は電力会社に売ることができます。普段支払う電気代の単価よりも売る際の方が単価が高く設定されているので、電気の使用料が少なくなるに連れて儲かる率も高くなる仕組みです。
デメリットは太陽光発電システムは設置場所を選び、システムの導入には多額の費用が掛かるということです。ソーラーパネルを設置しても日当り良好でなければ発電はできず、設置場所の環境を個別に調査してもらう必要があります。その調査も含めて設置にはコストが掛かるため、設置後のお得感を夢見る前によく検討する必要があります。